スズキ「ピノ」※買取り相場

車の売却はどこでするのが一番いいのでしょうか?
実は売却店をしっかりと選ぶだけで売却できる値段が違います
ピノは、スズキからのOEM車種として日産自動車から販売された軽自動車です。ベースとなる車は6代目アルトで、2007年から2010年まで販売されていました。20代前半の女性向けに、当時日産の乗用車の中では最も安い価格で販売されていましたが、全社にABSを標準装備するなど安全面では配慮されていたようです。エクステリアやインテリアに関してはあまり人気とは言えませんが、何といっても燃費や価格が魅力だったようです。買取相場について言えば、直近5年の全グレードでの予想買取価格が26万円から55万円、業者間オークションでの予想買取価格20万円から49万円となっています。下取り参考価格は、2010年モデルの全グレードで、36万円から48万円、2007年モデルの全グレードで、24万円から32万円となっています。車の年式、グレードや状態によって価格も大きく変わってくるので、いちがいには言えませんが、一定の買取価格は予想できそうです。状態の良い新しい車でしたら、買取相場もある程度高価格帯で推移しているようですので、買取がお勧めです。
どこに売ろうか迷っている場合には車買取専門店を参考に見積もりを取ってみるときっと高額査定が出ると思いますよ!
リースならスマートビークルがおススメです